今池ホルモンのメニューは豚・牛の内臓料理が絶品! 珍味を楽しみにしているなら、ここがおすすめ!今池ホルモンのメニューをご紹介します。当店では、豚・牛の腸内臓などの内臓物は、最高品質のものだけを提供しています。

 

豚肉や牛肉の内臓は、一部の文化では珍味とされています。ほとんどのレストランでは、その方が人気があるので、肉だけを提供しています。中には、内臓物は不味いと思う人もいるでしょう。今池ホルモンがご紹介します。

家の名物料理

このカテゴリーの商品はどれもシェフ自慢の逸品! その中には、大腸も小腸もレバーも含まれています! 慣れていない方は、ぜひ一度食べてみてください。慣れないうちは、一番美味しいものを食べてみるのが一番です。

かみとんちゃん 420円 

上とんちゃんは、今池ホルモンの2つの看板料理の一つ。豚の大腸を塩と味噌でソテーしたものです。具材はシンプルですが、下ごしらえは達人の手でしかできません! 腸は、やはり噛みやすい柔らかな食感が必要です。

ホワイトローラー 480円

白いローラーが豚肉の直腸です。大腸の最後の部分です。豚1頭につき1枚しか取れないため、白ローラーは当店の限定商品となります。他の腸に比べて、直腸は厚みがあることが多く、歯ごたえがあります。ソテーではなく焼いて食べるのがおすすめです。

上カルビ 750円

牛肉は豚肉に比べて硬すぎることで知られていますが、仔牛は牛肉に比べて柔らかいです。これは内臓も同じことが言えます。上カルビは子牛の大腸です。非常に柔らかく、噛み応えがあるので、ソテーやグリルで提供すると最適です。仔牛は牛肉よりも高価ですが、今池ホルモンでは価格を下げてお楽しみいただけます。

四万腸750円

牛の大腸は牛肉に負けず劣らずジャーキー。しかし、この料理は今池ホルモンの美味しい逸品と言われています! 上質に調理された牛の内臓を食べてみたい!という方には、まず試していただきたい一品です。

今池とんちゃん 350円

豚の小腸は、飲み会のおかずとして人気があります。グループで来て飲み会をする予定がある方は、ぜひ試してみてください。同様に、前菜としても大活躍します。今池とんちゃんはソテーされていて、今池ホルモンの自家製チリオイルとペッパーソースが付いてきます。辛いのが苦手な方は、辛さのレベルを中辛、強辛、激辛と言ってください。

みそとんちゃん 300円

今池とんちゃんと同じように用意されていますが、辛さはありません。その代わりに自家製の味噌で味付けをしています。そばやご飯のおかずにぴったりです。

豚レバー 300円

豚レバーは臭みがあることで有名なので、先にハーブやスパイスで煮込んで無臭にします。豚肉や牛肉の内臓を食べ慣れていない人にも人気があります。腸のようにジャーキーではないので食べやすいです。

ベストセラーのトップ10。人気のあるものから少ないものまで

最初にどの商品を試してみようか迷ったときは、人気投票で決めるのもいいかもしれません。下のリストは、注文の多いものから少ないものまで、それぞれの商品の人気度を示しています。トップ10に入っている商品の中には、上記のおすすめ料理に記載されていない商品もあります。詳しくは今池ホルモンのフルメニューをご覧ください。

  • 塩とんちゃん
  • 今池とんちゃん
  • ホワイトローラー
  • かみとんちゃん
  • チリのない今池とんちゃん
  • 牛タン
  • キモ
  • ビーフハート
  • 豚のなんこつ
  • 仔牛の内臓

その他のおすすめ料理

冒頭でも述べたように、内臓は後天的な嗜好品です。腸を試す気にはなれないけど、どうせ友達に連れられて今池ホルモンに行くなら、お肉も用意しているので安心してください。以下の項目では、内臓とは関係のない人気商品をご紹介しています。

国産牛の霜降りリブ 880円

霜降りリブは、欧米人やビールを飲む人の間で非常に人気があります。牛を適切に肥育して、消費者にとって不健康な状態にすることなく、肉にマーブル効果を生み出しています。骨が見えないようにして、肉をスライスして提供されることが多い。今池ホルモンでは、グリルで焼いたままの状態でお出ししています。

国産牛中落ちカルビ 880円

グリルレストランでも人気があります。柵のように肉で支えられた一連のリブをスラブにして提供されることが多い。調理後に肉を巻いて王冠を作ることができることから、西洋では「王冠」と呼ばれることが多いです。リクエストがあれば、それらをバラバラにスライスして、それぞれのリブの骨に肉の塊を添えて提供することもできます。これは、骨を持って周りの食べ物を噛みしめる肉のアイスキャンデーのような料理になります。

チキンミート 420円

もちろん鶏肉もご用意しております。当店のメニューの中では軽めのメニューとなっております。フィレ状になっていることが多いので、骨を気にせず簡単に焼くことができます。牛肉や豚肉よりも早く焼けるので、前菜としても大活躍します。

フルメニューを見る

この記事では、今池ホルモンのアイテムをたくさん取り上げてきましたが、これらはあくまでもおすすめの一品です。自慢の一品一品をご紹介しています。メニューページから気軽に全部見てみてください。決めかねている方は、ぜひご来店の上、スタッフにおすすめの一品をご紹介させてくださいね

内臓肉を食べる文化

筋肉の肉や脂肪がもっと手に入るのに、なぜ誰もが内臓肉や内臓を食べるのだろうかと疑問に思うかもしれません。理由はいくつかあり、それらはすべて好みに基づいています。まず第一に、筋肉よりも内臓の方が栄養価が高いということです。普通のお肉はタンパク質や繊維質を持っていることで知られていますが、それ以外のものはあまりありません。肉食動物のドキュメンタリーを見たことがある人は、肉食動物は心臓や肝臓、腸の方が価値があると知っているので、直接肉を食べに行くことが多いです。

二つ目の理由は、ほとんどの人が見落としているからです。牛肉、豚肉、鶏肉を売っている市場がありますが、内臓は無駄になってしまいます。その結果、価格が安くなることが多く、他のお客さんと在庫を争うこともないでしょう。

3つ目の理由は、純粋に好きな人が多いということです。もちろん、ほとんどの食事では筋肉質の肉を好んで食べ、特定の日だけ内臓物を食べるという人もいるでしょう。噛みごたえがあり、風味があり、常に柔らかくて美味しいのです。

内臓」とされる部位

上記のお勧め料理のほとんどは腸に焦点を当てていますが、どの部分が「内臓」とみなされるのかはまだ明確になっていません。この言葉には、動物のあらゆる内臓が含まれています。腸、脳、舌、心臓、肝臓、腎臓だけが当店のメニューに含まれています。胃などの他の臓器は全体としては食べられませんが、当店ではトリッパをご用意しています。

尻尾も臓器ではありませんが、体の中にはありませんが、内臓とみなされます。内臓」という言葉は、屠殺された動物の内臓を指します。内臓を表すもう一つの言葉は「様々な肉」です。

ブロスは内臓とみなされます。それが何なのかわからない人は、肉の味がするスープと表現されることが多いです。本当は、骨や肉を使って、味噌のようにとろみがつくまで煮込んだ香ばしい液体がダシなのです。これがラーメンの隠し味になっていることが多いです。

初心者のための内臓の食べ方

内臓を食べることを紹介している人には、いろいろな方法があります。その中には、今池ホルモンでは提供していないテクニックも含まれているかもしれません。味に慣れるために、それらの挽き物を食べ始めるかもしれません。一番簡単なのは、レバースプレッドです。これをサンドイッチにかけたり、料理の味付けに使っている人も多いようです。

次におすすめなのが、ジャーキー料理に少しずつ慣れていくことです。牛肉を柔らかくして、噛む癖を練習してみてください。カミや今池とんちゃんは噛みやすいですが、他のものは焼いた後に固くなってしまいます。唯一の例外は豚のレバーや尾肉です。

風味のある料理に慣れてみるのもいいかもしれません。普通の肉と違って、オファルは独特の強い風味を持っています。ハーブやスパイスは風味を出すために使うのではなく、風味を弱めるために使うのです。