食べ方は、牛肉や豚肉のもつ肉を焼いて作る日本料理です。この練習は最初、韓国から取り入れられた「焼肉」と呼ばれるバーベキュースタイルから始まりました。今池ホルモンのような専門店は、ホルモンとビールなどのお飲み物が楽しめる街の人気スポットです。

内臓肉やもつを食べる日本人の習慣は、彼らの「もったいない」メンタリティーや無駄を避ける精神の一部です。和食に無駄はありません。動物のあらゆる部位が何らかの料理に調理されます。

1.ホルモンの部位

捨てられた切れ端を意味する「ホルモノ」は関西地方の言葉で、ホルモン料理の発祥とされています。大阪の質素な人々が最初のような内臓や器官の肉のカットを使用した焼肉のアイデアを思い付きました

  • ガリや食道の肉は明るい色とカリカリの食感持って
  • 最高の提供しています’、肝臓の英語の単語から派生レバや肝臓を、軽くグリルしますが、中央がクリーミーな食感になるのはまれです。調理しすぎると肝臓が乾燥する可能性があるためです。
  • Harami/Sagari または横隔膜は、横隔膜から薄くて歯ごたえのある肉を切り取ったもので、英語では「スカート ステーキ」としても知られています。歯ごたえがあるのに、とてもやわらかいカットです。横隔膜の肉は脂肪が多いほど風味が豊かで、「さがり」と呼ばれることもあります。
  • マメまたは腎臓の肉は、鉄分とビタミンが詰まった肉のような風味の歯ごたえのある臓器肉のスライスです。
  • はつ/やさきまたは牛の心臓は非常に柔らかく、深い赤色をしています。場所によっては「やさき」と呼ばれることもあります。
  • コブクロや豚の子宮は、西洋人にとって食欲をそそるようには聞こえないかもしれませんが、通常の豚肉と間違えてしまいがちです。また、子宮は脂肪が少なく、タンパク質が豊富なため、非常に健康です。
  • シビレまたは牛肉の膵臓は、シビレ (子牛または子羊の胸腺) に非常によく似た臓器の肉です。

2.全国ベストセラー

ホルモンの変わったものやおいしいものを食べたいなら、今池ホルモンなどのレストランでホルモン専門メニューが充実しています。しかし、日本全国の焼肉店や居酒屋、ガストロパブで定番メニューとなっている料理もあります。 

ホルモンは、ビールなどの冷たい飲み物とよく合う高価な肉の品種で、居酒屋に集まって仕事の後にくつろぐ従業員に非常に人気があります。

  • ホルモン焼き(焼きHorumon) -大阪から専門性と日本に人気となった最初の料理
  • Horumon天ぷら-広島のお気に入り
  • Horumonドン(Horumon丼 
  • 福岡の博多エリアから発信-)Horumon鍋(Horumon鍋)
  • Horumonうどん-から城下町津山
  • ホルモン焼きそば – 兵庫県小野市で最初に人気を博した

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *